平成30年度 魚沼市ものづくり振興協議会活動方針

Ⅰ 企業間連携による魚沼発の技術や製品の発信

◇会員企業間連携・産学官連携の促進と補助事業活用のためのサポート体制の整備

Ⅱ 次世代育成活動と教育活動の推進

◇会員企業内の次世代育成と子どもたちへのものづくり教育の推進

Ⅲ 会員への支援体制の強化

◇組織体制の確立と事務局体制の強化

■方針決定にあたって

 当協議会は、地域における「ものづくり」は、地域の生活者にとっての生活基盤であるとして、企業の連携した取組により、地域経済の発展や市民生活の安定を目指し、平成18年3月に設立されました。平成30年度は、設立から13年目となる七期目に入ります。

 近年では、第4次産業革命とも言われるロボットやAIによる技術革新が進み、製造業の現場も大きく変化し、今後も産業構造や日常生活で更なる変化が予想されています。また、競争の更なるグローバル化や人口減少による人材不足など、企業を取り巻く環境は厳しい状況が続く中、我々地方の中小企業が生き残り、成長していくためには、生産性向上に向けた経営基盤の強化をはじめ、企業間連携や産学官連携による創意工夫が重要となってくると感じています。

 魚沼市においても、少子高齢化や若者の転出が進み、生産年齢人口の減少が大きな課題となっており、地域の経済・雇用を支える中小企業の活性化は地域全体の発展に不可欠です。

 これまで掲げ、取り組んできた活動計画を基本とし、当協議会が培ってきた企業間連携を更に加速させ、今後成長が期待される分野に対し、魚沼地域全体で技術を集結し取り組むことを目指していきます。また、個々の技術や製品を国内外に広く発信し、地域全体のPRと各企業の販路拡大を進めていきます。

 各委員会、部会の活動を充実させ、個々の企業の成長と、市等行政と協働し魚沼市の産業の活性化に取り組んでいきます。また、次世代社員の教育と将来の日本のものづくりを担う子どもたちに対して、ものづくりの楽しさを伝える教育や活動を継続していきます。

 組織の強化のため、事務局体制の充実と将来を見据えた組織体制の強化に向け、法人化への移行について継続して検討するとともに、当協議会が目指す方向性についても議論を深めます。

 

■ 活動方針の内容

1 企業間連携による魚沼発の技術や製品の発信

 会員企業間での協力体制を更に強化し、企業間連携による地域全体での技術の集結と製品の発信を進めていきます。首都圏を中心とした展示会・見本市への積極的な出展を通じて、魚沼から全国へ“魚沼発”の技術と製品のPRを進め、販路の拡大を目指します。

 また、国・県、大学・(公財)にいがた産業創造機構(NICO)、新潟県工業技術総合研究所等との産学官連携を促進し、新技術・新製品の開発など会員企業の技術力の向上を目指します。

 国・県・市の補助事業の活用や補助金獲得のためのサポート体制を整備し、より多くの企業が補助事業の活用に向け取り組めるようにします。

 魚沼市の重点施策「食でつながる元気なまちづくり推進事業」やITを利用した情報発信「うぇる米魚沼編集会議」に引き続き参画し、市行政と連携しながら販路拡大に取り組みます。また、行政やハローワーク、教育機関等との連携による「魚沼地域ものづくり人材確保対策検討会議」へ参画し、地元企業への若者の就職を促進します。

 

2 次世代育成活動と教育活動の推進

 会員企業の次世代社員の育成を強化するため、技術者教育や人材育成に関する研修事業の実施、先進的企業の見学会や他地域の企業との情報交換、国・県等の研修事業の活用により個々の企業のレベルアップを図ります。

 また、次代を担う子どもたちにものづくりの楽しさを伝えるため、魚沼市教育委員会と連携しながら「子どもものづくり推進事業」に継続して取り組み、職場体験や企業見学の受入れ、魚沼人としての講演事業を通じて地域企業の後継者育成を目指します。

 

3 会員への支援体制の強化

 将来を見据えた協議会の組織体制について、法人化のメリット・デメリットの整理と組織の目指す方向性について議論を深め、検討を進めて行きます。また、活動拠点の確保に向け、行政等と協議を重ねていきます。

 会員企業の支援体制の充実・強化を目指し、協議会活動の認知を高め、社内の各部門で協議会を効果的に活用できるよう進めます。また、協議会の事務局体制の強化のため事務局員を継続配置し、会員への情報提供のほか、企業訪問やアンケートの実施による会員意識の把握を進めます。

 新たな会員の募集と協議会のPRを進め、協議会の運営強化を目指します。

 

4 部会と委員会の積極的活動

 「委員会」は事業で分類し、「部会」は主に業種で分類して組織しています。部会活動が充実することで協議会の基盤の強化につながることから、今以上に全会員が参加しやすい環境づくりを目指します。

(1) 委員会(事業別)活動の推進

[1]研修委員会   講演会・研修会・合同視察事業・社員研修

○活動計画

  1. 会員のニーズに合った研修会や討論会などを実施するとともに、引き続き研修委員会活動の充実を図ります。
  2. 産学官連携推進による企業支援の強化と研修事業や技術者教育等による人材育成の取組を強化します。
  3. 支援制度の説明会や金融機関学習会の開催など、例年実施事業を継続して行います。
  4. 刻々と変化する経済状況等に応じて、タイムリーな時事について情報共有するための勉強会等を検討、実施します。

 


[2]事業委員会 子どもものづくり推進事業の実施・広域交流の推進・各種交流事業の開催

○活動計画

  1. 子どもたちにものづくりの楽しさを知ってもらうため、市からの委託を受け小中学生を対象とした「子どもものづくり教室」を開催します。また、魚沼市教育委員会と連携を図りながら、小中学生の職場見学や職場体験等への協力を行います。
  2. 十日町グループ夢21、NPO法人長岡産業活性化協会NAZE、一般社団法人  新潟県電子機械工業会などの企業団体との広域交流を推進します。
  3. 県や市等が開催する異業種交流事業へ積極的に参加します。
  4. 魚沼の地域資源を産業に活かすため、視察や情報共有を行います。
  5. 会員間の交流を深めるための事業を計画します。

 


[3]技術開発委員会 技術交流事業、産学官連携事業、各種展示会参加

○活動計画

  1. 国・県・NICO・魚沼市の補助金へ積極的に取り組み活用し、魚沼ブランド創出を進めます。
  2. 展示会への出展を推進し、会員企業が出展する展示会の視察を行います。
  3. 産学官連携の推進に向け、県内大学や先進的企業への訪問を行います。
  4. 様々な業種での技術開発に向け、専門家やアドバイザーを有効活用します。

 

(2) 部会(業種別)の事業計画

[1]食品部会 食品製造業のグループ

○活動計画

  1. 企業連携の魚沼ブランド発信を引き続き研究していきます。また、会員各社の地元産品や新製品の物産館への設置について検討していきます。(交流拠点など)
  2. NICO等の展示会に積極的に参加します。
  3. 新潟県が主催する健康ビジネスサミットうおぬま会議に参画します。
  4. 行政や地元団体と連携し、魚沼の食をPRするための検討を進めます。
  5. 会員が希望する食品に関する勉強会・研修会を定期的に実施します。

 

[2]電気部会 電気機械製造業・電子デバイス製造業などのグループ

○活動計画

  1. 継続的に地域の子どもたちの「ものづくり教育」に参画し、「将来100人の起業家をつくる」という夢に向かい部会として出来る行動を進めます。
  2. 他の部会とも連携し、幅広い議論や情報交換により、適切な情報収集の出来る場をつくっていきます。
  3. 展示会、企業見学会など、各社並びに魚沼地域の発展に向けた行動を進めていきます。

 

[3]機械部会 一般機械器具製造業・金属製品製造業などのグループ

○活動計画

  1. 年2~3回の部会開催と他部会との合同事業を継続して開催し、懇親を図ります。
  2. 循環型社会の取組みとして、家庭の庭等から出る不要な木の枝をチップ状に粉砕し、畑や庭等に戻せる小型機械の開発に取組みます。
  3. 県内の優良企業への見学会等を通じて、会員企業のレベルアップを図ります。

 


[4]交流部会 上記に含まれないその他の業種のグループ
 ○活動計画
  1. 部会内の交流と部会事業の展開を検討するための会議等を開催します。
  2. 会員企業間の連携・交流促進や学生等に向けたPRを目的とした事業・サイト運用を提案します。
  3. 他委員会・部会との合同事業の継続を検討します。
  4. 人材確保に関する市や県の事業に積極的に参画します。

 


[5]NEXT円陣 次世代の社員による有志のグループ
 ○活動計画
  1. 定期的な活動を通し相互の業務内容や職種の理解を深め、課題の共有や活動の目標について検討を進めます。
  2. 学生への市内企業PRを目的とした交流事業等を企画します。
  3. 次世代から見た会員企業の課題、問題の再発掘を行います。

 


5 全体会について
 上半期終了後に全体で集まる会合(全体会)を企画し、全会員が一堂に会する場を設けます。また、全体会時に経済・国際情勢等について理解を深めるための講演会を行います。

 

6 執行委員会・理事会の動き

 執行委員会(会長・副会長・事務局長・会計・事務局)を適宜開催し、理事会は6月、9月、12月、3月の年4回定期開催することとします。

 また、市等の行政、市議会との意見交換会を行うなど交流・連携を進めます。



 

■ お問い合わせ先 ■
魚沼市ものづくり振興協議会 事務局
魚沼市役所商工観光課商工振興室内
〒946-8511 新潟県魚沼市大沢213-1
TEL:025-792-9753  FAX:025-793-1016
E-mail  u-big@pub.city.uonuma.niigata.jp